新着情報

2017.8.17
ちょっと一言!
2017.8.12
山口大学医学部6年生1名が2回目の病院見学に来られました!
2017.7.27
山口大学医学部6年生1名が2回目の病院見学に来られます!
2017.7.24
平成29年度 第1回臨床研修病院合同説明会に参加しました!
2017.7.12
京都府立医科大学医学部卒業生1名が病院見学に来られました!
2017.7.4
京都府立医科大学医学部卒業生1名が病院見学に来られます!
2017.6.28
鹿児島大学病院 1年目研修医1名が本院で院外研修を行います!
2017.6.22
宮崎大学医学部6年生1名のクリニカル・クラークシップ(院外実習)が終了しました!
2017.6.16
平成29年度 第2回臨床研修病院合同説明会に参加します!
2017.6.16
鹿児島県臨床研修病院見学ツアーの開催について!

求めるのは、こんなひと。

■ 自分で考えて行動できるひと。

研修医だけど、研修医扱いしない。
それが、ここでの特徴のひとつかもしれません。
だから、どんどんチャレンジさせます。
生の現場でさまざまな症例をみて、一日でも早く経験を積んでほしいから。
受け身ではなく、自分の頭で考えて行動できるひと。
この病院は、そんなあなたに向いています。

■ コミュニケーションを大切にするひと。

私たちの病院は、すべての科が同じ医局にあります。
診療科ごとの垣根が低く、コミュニケーションしやすいのが特徴です。
だから、どんどん質問してきてほしい。
それに答える気さくなドクターたちが、ここには大勢います。


この病院だからできること。

基本姿勢や態度を360°学べる

基本姿勢や態度を360°学べる

基礎に重点をおいた研修を行っており、臨床能力だけでなく、
医師としての基本姿勢・態度が身につきます。

手技重視で360°現場で学べる

手技重視で360°現場で学べる

私たちの臨床研修は少人数制。
一人の研修医に対して、きちんとバックアップできる環境が整っているので、
シミュレーションより手技を重視した研修に力を入れています。
やりたいことをどんどんチャレンジできる。個人のレベルアップにつながる研修です。

360°の専門的立場から学べる

360°の専門的立場から学べる

診療科ごとの垣根が低いので、他の科のドクターにも気軽に相談することができます。
各科の専門的な立場から、患者・疾患の診療方法を学び、吸収することができます。

360°救急を学べる

360°救急を学べる

二次救急医療病院として365日24時間救急患者の受け入れを行っているので、
どの診療科にいても、十分に救急を経験することができます。

先輩研修医に直撃インタビュー

初期研修医 H28年度1年目
小德羅漢

— 小德先生は関東出身ということですが、なぜ鹿児島市医師会病院を研修先に選んだのですか。

確かに私は、茨城県出身で東京の大学を卒業した、鹿児島には縁もゆかりもない人間なのですが、研修先は地方が希望でした。都内だと研修医が100人を超える病院もあり、それでは十分に学べないと思ったからです。病院見学も鹿児島以外に石巻や鳥取などにも行きました。 その中でこの病院を選んだ理由は、ずばりDr.コトーになりたかったから!研修先のプログラムの中に、Dr.コトーのモデルとなった先生がいらっしゃる甑島で、地域医療を学べるものがあると知り、迷わず決めました。 実は私の父も、茨城の田舎で町医者として、それこそコトー先生のように自転車をこいで患者さんを診ていました。そんな父の姿も、きっと自分に影響を与えているのだと思います。

— 実際に研修に入ってみての感想はいかがですか。

まだ2ヶ月しか経っていませんが、本当に手技重視だと感じました。正直、「研修医なのにここまでやらせてくれるんだ!」と感動しています。都内の病院へ研修に行った大学の同期たちは、雑務に追われなかなか患者さんと接する時間がないと聞いています。ここでは自分で患者さんに合った治療や検査ができるんです。もちろん、上の先生から許可を得てから行うので、安心して治療をすることができます。「医師として生きている」と心から思えますし、座学中心だった学生時代に感じていたフラストレーションが一気に消えましたね。 また、研修医になったその月に熊本地震がありました。通常、研修医は派遣されないようですが、私は希望し、JMATとして被災地に入りました。避難所で血圧を測ったり、被災者の方のお話を聞いたりと、医師としてまたひとつ経験を重ねることができました。

— 病院の雰囲気や働きやすさはどうですか。

この病院の良いところの一つに、医師や看護師、そして薬剤師や栄養士、さらに事務の方まで連携が非常にとりやすく、いつでも相談できる環境であるというのが挙げられます。でも単にやさしいだけでなく、やりたいことをどんどんさせてくれる、本当にバランスのとれた病院だと思います。 また、医師としても人としても尊敬できる方が多いです。実は、ここの病院に決めた理由として、Dr.コトーの他にもうひとつあります。それは、大迫診療部長からの一通のメールでした。見学に来た際、大迫先生自ら鹿児島市内の観光案内をしてくださいました。そして東京に戻った私に、『一生の中で一度くらい、九州に住んでみるのも面白いかもよ』というメールをくださり、確かに一生関東だけに住むのもつまらないなと、思いきって決めました。

— 最後に医学部生へメッセージをお願いします。

鹿児島市医師会病院は、自分のなりたい医師像に近づける病院です。私は生まれも大学も関東でしたが、この病院を選んで本当によかったと思っています。しかも病院だけでなく、鹿児島という土地もとても魅力的です。ごはんは美味しいし、市内にも温泉がいっぱいあります。県外の学生にとっては、鹿児島での2年間の研修は、一生の中でかけがえのない経験になると思います。ぜひ旅行がてら鹿児島市医師会病院に見学に来てみてはいかがでしょうか。一緒に美味しいお酒とごはんを食べましょう!

担当医からのメッセージ

外科 大迫政彦

診療部長
大迫政彦

希望と不安の中にある、皆様の熱い心を大切にします。

神経内科 中川広人

神経内科
中川広人

医師としての基礎を固めるには、最適な病院です。

循環器内科 山口剛司

循環器内科
山口剛司

個人としての内科的診断・治療の能力を高めていける科です。

消化器内科

消化器内科
下川原尚人

多くの人との出会いが、人間力を高めてくれることと思います。

外科 石崎直樹

外科
石崎直樹

自分の技術で、病気に悩む患者さんを救うことができる科です。

婦人科 大塚博文

婦人科
大塚博文

当病院は各科の垣根が低く、全科一丸となり診療しています。

麻酔科 永田悦朗

麻酔科
永田悦朗

麻酔科医は、侵襲学を学ぶべきだと思っています。

放射線科

放射線科
上野和人

めまぐるしく進歩する放射線科領域。興味があればぜひ!

病理診断科 清水健

病理診断科
清水健

種々の臓器の病理組織診断・細胞診断を経験できます。

緩和ケア科 大瀬克広

緩和ケア科
大瀬克広

チームで行う緩和ケアは医療の基本です。

研修プログラム

  1. 1.研修病院の区分

    基幹型臨床研修病院

  2. 2.研修プログラムの目的と特徴

    (1) 目的
    プライマリ・ケアに対応できる臨床医として多様な患者ニーズに対応できるよう、診療に関する必要な基本的知識・技能及び態度の修得を目的とする。
    (2) 特徴
    「基礎」
    基礎に重点をおいた研修を行っており、臨床能力だけでなく医師としての基本姿勢・態度を身につける。
    「救急」
    二次救急医療病院として365日24時間救急患者の受け入れを行っており、どの診療科にいても十分に救急を経験することができる。
    「専門」
    診療科の垣根が低く、他科の医師へ気軽に相談ができ、各科の専門的な立場から患者・疾患の診療方法を学び、吸収することができる。

    鹿児島市医師会員の共同利用施設として、開放型病院、紹介外来型病院の認定を受け、九州では初めて地域医療支援病院の承認を受けている。また当院は広域の二次救急医療にも対応しており、内科系及び外科系のほか病理など幅広い研修が可能である。

  3. 3.プログラム(定員5人予定)

    責任者 :診療部長 大迫 政彦
    副責任者:副院長  鳥居 博行
    4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
    1年次内科救急部門選択必修2科目選択
    2年次地域医療選択
    • 救急は、当院で2ヵ月、協力病院で1ヵ月の計3ヵ月研修を行い、当院での研修中は鹿児島市夜間急病センターでの研修も行う。
    • 1年次で選択必修科目(外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科)のうち2科目を選択し、選択しなかった選択必修科目については選択期間において必ず研修を行う。
  4. 4.協力病院・協力施設

    (1) 救急部門
    鹿児島市立病院、今給黎総合病院、今村病院分院、米盛病院、聖路加国際病院(東京都)
    (2) 選択必修
    【精神科】
    鹿児島大学病院
    【小児科】
    鹿児島大学病院、鹿児島市立病院
    【産婦人科】
    鹿児島大学病院、鹿児島市立病院、伊集院病院、産科婦人科のぼり病院
    (3) 地域医療
    出水郡医師会広域医療センター、種子島医療センター、川内市医師会立市民病院、薩󠄀摩川内市下甑手打診療所、霧島市立医師会医療センター、県立大島病院、肝属郡医師会立病院、屋久島町栗生診療所、藤元給合病院(宮崎県)
    (4) 選択
    鹿児島大学病院、鹿児島市立病院、鹿児島赤十字病院、伊集院病院、今給黎総合病院、今村病院分院、産科婦人科のぼり病院、米盛病院、出水郡医師会広域医療センター、種子島医療センター、川内市医師会立市民病院、薩󠄀摩川内市下甑村手打診療所、霧島市立医師会医療センター、県立大島病院、肝属郡医師会立病院、屋久島町栗生診療所、藤元総合病院(宮崎県)、聖路加国際病院(東京都)
  5. 5.プログラム管理体制

    臨床研修病院群内に研修管理委員会を設置し、研修プログラムの管理、研修計画の実施、研修医の管理・評価、採用時の研修希望者の評価など臨床研修の実施の統括管理を行う。

    (1) 名称
    鹿児島市医師会病院臨床研修管理委員会
    (2) 構成
    1. 委員長(総括責任者、鹿児島市医師会病院院長)
    2. 副委員長(臨床研修実施責任者、プログラム責任者、鹿児島市医師会病院診療部長)
    3. 副プログラム責任者
    4. 協力型臨床研修病院の研修実施責任者
    5. 臨床研修協力施設の研修実施責任者
    6. 院外有識者
    7. 看護部門責任者
    8. 薬剤部門責任者
    9. 診療支援部門責任者
    10. 事務部門責任者
    (3) 業務
    1. 研修プログラムの全体的な管理
    2. 研修医の全体的な管理
    3. 研修医の研修状況の評価
    4. 採用時における研修希望者の評価
    5. 研修後又は研修中断後の進路にかかる相談等の支援
    6. その他臨床研修に関すること
  6. 6.指導体制

    総括責任者 園田 健院長・研修管理委員会委員長
    臨床研修実施責任者 大迫 政彦診療部長
    臨床研修プログラム副責任者 鳥居 博行副院長

    指導医(臨床経験7年以上の常勤医、平成29年4月1日現在)

    循環器内科部長山口 剛司ほか3人
    消化器内科部長下川原 尚人ほか4人
    神経内科部長中川 広人ほか3人
    外科部長石崎 直樹ほか3人
    婦人科部長大塚 博文ほか3人
    麻酔科部長永田 悦朗ほか4人
    放射線科部長上野 和人
    病理診断科部長清水  健ほか1人
    緩和ケア科部長大瀬 克広ほか1人
  7. 7.各科のスケジュール

    • ・循環器内科スケジュール PDF
    • ・消化器内科スケジュール PDF
    • ・神経内科スケジュール PDF
    • ・外科スケジュール PDF
    • ・婦人科スケジュール PDF
    • ・麻酔科スケジュール PDF
    • ・放射線科スケジュール PDF
    • ・緩和ケア科スケジュール PDF

臨床研修紹介VTR

鹿児島での初期臨床研修を考えている医学生の皆さまに,鹿児島市医師会病院の魅力をご­紹介します。

病院見学案内

当院の魅力を知っていただくため、ぜひ病院見学へお越しください。
見学は随時受け付けておりますが、あらかじめご予約が必要です。
お申込みはページ下の「問い合わせ・申し込みフォーム」に必要事項をご記入の上、
"送信"ボタンを押して下さい。
折り返し担当者よりご連絡させていただきます。

鹿児島市医師会病院
  1. 見学スケジュール 一例

    臨床研修見学スケジュールの一例

    ※希望をお伺いし、見学スケジュールを組みます。

    例えば…
    ● 研修医のシャドーイング
    ● カンファレンスへの参加
    ● 夜間の救急・当直体制の見学 など

  2. 見学の様子

ICUの見学

NSステーションでの病棟説明

消化器内科(胃カメラ)の見学

手術の見学

米盛病院(当院協力型病院)での見学 ヘリポート

米盛病院(当院協力型病院)での見学 ドクターヘリ

米盛病院(当院協力型病院)での見学 ドクターヘリ

米盛病院(当院協力型病院)での見学 ドクターカー

募集要項

  1. 1.募集定員

    5人

  2. 2.応募資格

    応募資格については、次の要件を満たすこととします。
    平成30年3月に大学医学部もしくは医科大学を卒業見込みの者又は卒業している者で、平成29年度実施の医師国家試験を受験し、医師免許取得見込みの者

  3. 3.応募書類

    1. 受験申込書(受験申込書ダウンロード
    2. 履歴書(履歴書ダウンロード
    3. 卒業証明書又は卒業見込み証明書
    4. 成績証明書
  4. 4.応募方法

    1. 応募書類を一括して提出してください。
    2. 郵送で申し込むときは、封筒の表に「研修医受験申込書在中」と朱書きしてください。
    提出先
    〒890-0064
    鹿児島市鴨池新町7番1号
    鹿児島市医師会病院 事務部 総務課
    TEL:099-254-1125
  5. 5.選考方法

    書類審査及び面接

  6. 6.選考日時

    随時

  7. 7.選考会場

    鹿児島市医師会病院

  8. 8.研修の開始時期

    平成30年4月1日

  9. 9.研修期間

    2年間

  10. 10.採用方法

    平成29年度実施の医師国家試験に不合格となった場合は、採用を取り消します。

  11. 11.研修医の処遇

    1. 身分

      非常勤職員

    2. 研修手当
      基本手当1年次月額 400,000円(諸手当含)
      2年次月額 420,000円(諸手当含)
      当直手当平日10,000円
      土・日・祝日12,000円
      賞与1年次年 420,000円
      2年次年 420,000円
      基本手当
      (諸手当含)
      1年次400,000円
      2年次420,000円
      当直手当平日10,000円
      土・日・祝日12,000円
      賞与1年次年  420,000円
      2年次年  420,000円
    3. 勤務時間等

      8:30~17:00

    4. 休暇

      4週6休、日曜日、祝日及び夏季特別休暇、年末年始

    5. 宿舎

      あり

    6. 社会保険・労働保険

      社会保険:健康保険、厚生年金保険
      労働保険:労働者災害補償保険、雇用保険

    7. 健康管理

      健康診断 年2回

    8. 医師賠償責任保険

      病院において加入、個人加入については任意

    9. 学会の研修活動

      学会・研修会等への参加:認める
      学会・研修会等への参加費支給の有無:有

お問い合わせ・申込みフォーム

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

●病院見学のお申し込みや、臨床研修医プログラムに関する質問等は以下のメールフォームにご記入いただくか、お電話もしくはメールでお問い合わせください。

 鹿児島市医師会病院 事務部 総務課
 TEL:099-254-1125
 E-mail:kasiihp@city.kagoshima.med.or.jp

 プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

お名前
ふりがな
大学名
学年等
電話番号
Email
見学を希望する診療科



質問事項等

※見学をお申込みの方はこちらに希望日をご記入下さい

お問い合わせ・申込み、ありがとうございました。
上記内容で、メールを送信しました。

病院概要

【病院の概要】

病院
鹿児島市医師会病院
所在地
〒890-0064 
鹿児島市鴨池新町7番1号
電話番号
099-254-1125
開設者
公益社団法人 鹿児島市医師会
開設日
昭和59年6月1日
病床数
(255床)
  • 一般病棟 166床
  • 緩和ケア病棟 31床
  • 地域包括ケア病棟 46床
  • ICU 8床
  • CCU 4床
  • 救急外来観察用ベッド 5床
標榜科目
内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、外科、消化器外科、呼吸器外科、婦人科、放射線科、麻酔科、ペインクリニック内科、救急科、病理診断科、リハビリテーション科、緩和ケア内科

【認定施設等】

昭和60年
開放型病院の承認(厚生労働省)
昭和61年
紹介型病院の承認(鹿児島県)
平成 2年
紹介外来型病院に指定(厚生労働省)
平成 9年
災害拠点病院に指定(鹿児島県)
平成 9年
エイズ治療協力病院に指定(鹿児島県)
平成10年
地域医療支援病院の名称使用承認(鹿児島県)
平成12年
難病医療協力病院に指定(鹿児島県)
平成15年
臨床研修病院に指定(厚生労働省)
平成18年
病院機能評価(Ver.5.0)認定病院(日本医療機能評価機構)
平成21年
DPC対象病院
鹿児島県災害派遣医療チーム(鹿児島DMAT)指定病院(鹿児島県)
平成23年
病院機能評価(Ver.6.0)認定病院(日本医療機能評価機構)
平成23年
がん診療指定病院に指定(鹿児島県)
平成28年
病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)認定病院(日本医療機能評価機構)

【教育研修指定等】

  • 日本麻酔科学会麻酔認定病院
  • 日本消化器内視鏡学会内視鏡指導施設
  • 日本病理学会登録施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本内科学会認定内科専門医教育関連病院
  • 日本超音波医学会超音波専門医研修施設
  • 日本循環器学会循環器専門医研修関連施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修施設
  • 日本神経学会教育関連施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本臨床細胞診学会認定施設
  • 日本医学放射線学会専門医修練機関
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設B
  • 呼吸器外科専門医関連施設
  • 日本呼吸器学会関連施設
  • 日本高気圧環境・潜水医学会認定病院
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設