鹿児島市医師会病院

がん地域連携クリニカルパス

【 がん地域連携クリニカルパス目的と期待されること 

1.目的

 地域連携診療計画書(地域連携クリニカルパス)を用い、指定病院と連携病院地域で、同じ治療方針、「安全で質の高い医療の提供」を共に考えていく。
 地域連携診療計画書(地域連携クリニカルパス)では、患者を中心に医師・看護師・薬剤師等、関係するすべての医療者が、検査結果や診療方針を知った上で協力し、診療のサポートを行い、患者が安心して診療を継続できる事を目的とする。
 2.期待されること 
・   地域連携診療計画書(地域連携クリニカルパス)は、数年先まで治療、検査内容が計画されている為、継続した観察・診療が行える。
・  定期的に患者の状態を複数の医師が診療する事で、再発などの早期発見やきめ細かな対応が可能となる。
・  検査の重複などの無駄を回避できる。
・  患者自身の病状記録としても活用できる。
・  コメディカルも患者の状態・状況をすみやかに把握することができる。
・  患者や家族も事前に診療内容がわかる。

【 医師会病院(指定病院=パス策定病院)と連携病院(かかりつけ医)の役割 】

△このページのトップへ
【 がん地域連携クリニカルパスによる計画策定料・指導料について 】

【 がん地域連携クリニカルパス運用について 】
1. がん地域連携を当院と行う事を九州厚生労働地方局へ登録する。(当院で行います)
2. 5大がんと診断・治療されたら、がん地域連携パス運用の確認の連絡を当院連携室から行います。連携パスの運用が可であれば、退院後の初回受診予定日を当院へ返答して下さい。(電話連絡の際、口頭でも可、FAXの場合様式1
3. 患者が受診したら、がん地域連携パスに同意書があるか確認して下さい。
共同診療計画書と診療情報提供書を患者カルテに綴って下さい。
共同診療計画書に当院、連携病院の受診予定月が記載してあります。
【連携病院もしくは、医師会病院】と記載されている月は、どちらで診察するかは当院で判断します。
4. 連携病院受診時に、患者持参のがん地域連携パスの項目にチェックし、検査結果等は貼布してください。その後、様式2のがん地域連携報告書をFAXまたは、郵送して下さい。
(がん地域連携報告書提出にて指導料300点を請求できます)
5. 合併症や再発で連携パスの計画変更が必要となった場合、がん連携地域パス中止届を作成し(様式3-2)、当院へ受診を勧めて下さい。 (300点を請求できます)

△このページのトップへ
【 連絡票のダウンロード 】PDF形式、Excel形式でダウンロードできます。
  連絡票 様式1       連絡票 様式2       連絡票 様式3-2
      
      

△このページのトップへ
footer