=== 年頭のあいさつ ===

年 頭 の ご 挨 拶
鹿児島市長

     森   博 幸

 新春を迎え,謹んでお慶びを申し上げます。
 鹿児島市医師会の皆様には,常日頃から,本市主催の各種協議会等への参画,予防接種や健診,介護保険の認定,夜間急病センターの管理運営など,保健・福祉分野はもとより,桜島総合防災訓練への参加など,市政の各面にわたり,温かいご理解とご協力を賜っておりますことに,心から感謝申し上げます。
 さて,景気回復を実感しにくい情勢が続いている現在,国・地方が総力を挙げて取り組んでいる人口減少問題の克服は,本市においても喫緊の課題であり,「第五次総合計画後期基本計画」や「地方創生総合戦略」に基づき,さらに力強くその取組を進めてまいりたいと考えております。
 その中で,健康福祉分野につきましても,「健やかに暮らせる安全で安心なまち」を市政の大きな基本目標の一つに掲げ,安心して結婚し,子どもを生み育てられる環境を整備するとともに,若者や女性が活躍できるまちづくりに取り組んでまいります。また,高齢者の社会参加・健康づくりの促進や地域包括ケアの推進により健康医療体制を充実させ,健康で生き生きと暮らし,良好な医療・介護サービスを受けられるまちづくりを進めてまいります。
 今後とも,市民の大切な命と健康を守るため,皆様方と課題を共有しながら緊密に連携・協力し,質の高い地域医療の充実と市民の健康増進を推進するとともに,危機管理や防災力の強化を図ってまいりたいと考えておりますので,引き続き,変わらぬご支援を賜りますよう,お願い申し上げます。
 ところで,今年は,いよいよ明治維新一五〇周年という大きな節目を迎え,大河ドラマ「西郷どん」の放送や,大河ドラマ館のオープンを目前に控えております。
 新しい時代の幕開けの原動力となった「西郷どん」をはじめ薩摩の先人たちの燃える思いと実行力は,アジアで初めての近代的な国家を樹立する偉業を成し遂げました。一世紀半の時を経て,その礎の上に立つ私たちが,この歴史的な一年を,オール鹿児島で大いに盛り上げ,これを起点として,郷土の偉人に思いを馳せ,強い情熱とチャレンジ精神を持って,わがまち・鹿児島の輝かしい次の時代の扉を開いてまいりましょう。
 本年も市政の推進に,より一層のご理解とご協力を賜りますようお願いいたしますとともに,新しい年が未来への夢と希望の持てるすばらしい年となりますよう,心からお祈り申し上げ,新年の挨拶といたします。




このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima City Medical Association 2018