鹿市医郷壇

兼題「新け(にけ)」


(458) 樋口 一風 選




上町支部 吉野なでしこ

   新け車めそろいと払るた砂埃
  (にけくいめ そろいとはるた すなぼこい)
(唱)灰が降っ時な乗らんごっしっ
  (へがふっときな のらんごっしっ)

 新車を買った頃を思い出しました。最初買ったのは、カローラでしたが、それでも上等の羽箒を買って暇があると、埃を払っていたものです。「そろいと払るた」が、新車に対する愛着が感じられます。何処か傷が付いたらそのうち掃除もしなくなりますが、無理のないリズムの良い句ができました。



城山古狸庵

   新け道具き餌ん付けよも知たん奴
  (にけしょどき えどんつけよも したんわろ) 
(唱)新米釣師ちやれ揶揄られっ
  (しんめついしち やれちょくられっ)

 釣に初めて行った人でしょうか。新品の釣道具一式を買って行ったのに、釣り針の付け方も良く分かりません。折角の釣道具に笑われそうです。鹿児島では動物の餌は「餌えさ」と言いますが魚釣りの餌は「餌えど」と言います。
 ビギナーズラックということもありますので、釣果は良かったのでは。手解きを頂戴した先輩にも感謝です。次からは、のめりこみます。



清滝支部 鮫島爺児医

   打っ初めでロストいなけた新けボール
  (うっぞめで ろすといなえた にけぼーる)
(唱)ホワー言た時ときゃ山め飛で行たっ
  (ちょわーちゅたときゃ やめつでじたっ)

 新年のゴルフ場で、気分も新たに高価なニューボールで打ち初めです。力んで振ったのか、ボールはスライスではるか山の中へ飛び込みました。折角のニューボールがロストです。初っ端からOBでは誠に残念でした。正月ですからご愛敬というところです。


 五客一席 川内つばめ

   新年に気持も新て新けパンツ
  (にけとしに きもっもあらて にけぱんつ)
(唱)今年こそはち身を引き締めっ
  (ことしこそはち みをひきしめっ)


 五客二席 紫南支部 二軒茶屋電停

   新け車め乗ろち仕事ちも汗を掻っ
  (にけくいめ のろちしごちも あせをけっ)
(唱)夢を叶ゆち頑張っちょっ青年
  (ゆめをかなゆち きばっちょっにせ)


 五客三席 清滝支部 鮫島爺児医

   新米は神棚ね先きち爺が叱っ
  (にかごめは かんだねさきち じがくるっ)
(唱)農家ん苦労と神様へ感謝
  (のうかんちくろと かんさへかんしゃ)


 五客四席 城山古狸庵

   スピードん出過ぎ新車あ地金ねなっ
  (すぴーどん ですぎしんしゃあ じがねなっ)
(唱)怪我は軽りどん残ったローン
  (けがはかりどん のこったろーん)


 五客五席 醤油屋孫一

   新か年の餅と御節で腹一杯
  (にかとしの もっとおせっで はらいっぺ)
(唱)食ちゃ寝食ちゃ寝でメタボいけなっ
  (くちゃねくちゃねで めたぼいけなっ)


秀  逸

城山古狸庵
   新け制服で一年生が列ち並っ
  (にけふっで いっねんせいが れちなるっ)  
   新け句材を句いしっみれば字が余っ
  (にけねたを くいしみっれば じがあまっ)

清滝支部 鮫島爺児医
   新けクラブ慣るっ時ずや暇が要っ
  (にけくらぶ なるっとっずや ひまがいっ)
   新けよっか慣れたとが良かマイ枕
  (にけよっか なれたとがよか まいまくら)
   新けスマホ子供が居らんな塵と同等
  (にけすまほ こどがおらんな ごんとぐぁい)
   転婆娘が新け着物着たや優しゅし
  (いなばごが にけべべきたや しおらしゅし)   
   新学期飛で走い新けランドセル
  (しんがっき つではしいにけ らんどせる)

上町支部 吉野なでしこ
   新け車ワックス掛けも日い三度
  (にけくいま わっくすかけも ひいさんど)

川内つばめ
   新けシャツい染んぬつけたち妻が叱っ
  (にけしゃつい しんぬつけたち かかががっ)

印南 本作
   新け仕事つ習る相手ん年齢しゃ相当い下
  (にけしごつ なるえてんとしゃ じょしょいした)

醤油屋孫一
   お年玉め新け札つ入れっ高価こ見せっ
  (おとしだめ にけさついれっ たこみせっ)
   新け靴が踏ん潰られたバスん中
  (にけくっが ふんちびられた ばすんなか)
   新け筆で書てんやっぱい下手な文字
  (にけふでで けてんやっぱい へたなもじ)


今月の投句から
 今月の題は「新け」でした。題が「新け」でも、必ず「新け」を入れなければならない訳ではありません。新しいと言う意味の句であれば、「新け」でなくても、新車、新品、新人、でもいいです。但し「新聞」はだめ。新春でしたので、新畳、新妻、新築とか出てくるかなと考えていましたが、皆様「新け」に拘っておられたようで残念でした。句想が広がらなかったのは事前の伝え方がまずかったのだろうと反省しています。題を詠み込まなくても、同義語なら良いので次からは、そのように作句してみて下さい。

 薩摩郷句鑑賞 110
冬山ふいやまい泣かすい気なら行いけち叱がっ
前田 利長
 厳冬期のエベレストの登山に成功しながら、遭難したものと思われる日本の登山家や、北アルプス後立山連峰で、表層雪崩に遭った鹿大山岳部のパーティーなど、年末には痛ましいニュースが相次いだ。
 「いちばん頼りにしていた子が・・・」「やめるように何度も言ったのに・・・」と、ご家族の方々の悲痛な気持ちがよくわかる。
 冬山をめざす若者と、それを気づかう親の気持をよくとらえた句である。




薩 摩 郷 句 募 集

◎3 号
題 吟 「 道(みっ)」
締 切 平成30年2月5日(月)
◎4 号
題 吟 「 服(ふっ)」
締 切 平成30年3月5日(月)
◇選 者 樋口 一風
◇漢字のわからない時は、カナで書いて応募くだされば選者が適宜漢字をあててくださいます。
◇応募先 〒892-0846
 鹿児島市加治屋町三番十号
 鹿児島市医師会 『鹿児島市医報』 編集係
TEL 099-226-3737
FAX 099-225-6099
E-mail:ihou@city.kagoshima.med.or.jp


このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima City Medical Association 2018