編集後記


 今年の夏も連日の猛暑でした。台風5号もありなんとか鹿児島市への直撃は避けられましたが18日18時間存在し,これまでで2番目に長い長寿台風で奄美地方に「50年に一度」の大雨を降らせました。被害にあわれた方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 「誌上ギャラリー」では永田先生より「滑滝」をいただきました。この猛暑の中清涼を感じさせていただけるフォトかと思います。
 「論説と話題」では各理事より第48回九州地区医師会立共同利用施設連絡協議会は分科会ごとに報告されています。横倉会長の講演では健康寿命の延伸,効率的で効果的な医療提供体制,地域包括ケアシステムの構築に向けて医師は積極的に関わり,共同利用施設は地域医師会の活動拠点として大きな役割が期待されるとのことです。私たちも積極的に意識を高くしていかねばと思います。
 「医療トピックス」では中木原先生から「各種経口抗凝固薬の特徴について」報告ありました。併用禁忌薬や,減量基準など改めて勉強になりました。ありがとうございました。
 「学術」では鹿児島医療センターの田上先生から,「エキシマレーザーを用いたリード抜去術」と題してご寄稿いただきました。2016年から施設認定を受けられたとのこと貴重なご報告ありがとうございました。
 「医師会病院だより」では山口先生より下肢静脈エコーの状況について,盛本課長から高気圧酸素治療のご紹介がありました。患者様がおられましたら医師会病院へのご紹介の程宜しくお願いいたします。
 「随筆・その他」では古庄先生より[オーストラリアの医師@]が紹介されています。貴重な切手の紹介いつも大変ありがとうございます。小田原先生からは「シリーズ医療事故調査制度とその周辺(7)」をご寄稿いただき医療事故調査制度の施行に係る検討会の発足までの経緯を述べていただきました。武元先生から「末梢血血液像の観察は楽しい」と題して貧血症例2つを報告していただきました。
 リレー随筆ではM平先生が「弓道と初期研修」と題して書いておられます。弓道について熱く語っていただきました。また,県立大島病院は部活動が盛んで私も10年程前に勤務していた時にソフトボールの試合やバレーボールの試合に駆り出されていたのを懐かしく思いだします。
 「区・支部だより」では,各支部の報告です。支部会の議題に,楽しげな懇親会の様子なども報告されました。
 「各種部会だより」では,下川先生から鹿児島市刀圭会夏季例会,有村先生より鹿児島市内科医会7月例会,平成29年度鹿児島市産婦人科医会総会・講演会と鹿児島市在宅医会事例検討会の報告でした。
 「各種報告」では第11回鹿児島市域糖尿病医療連携体制講習会の報告がありました。ご参照ください。
 今回の世界陸上で短距離世界記録保持者のウサイン・ボルトが引退しました。今回は残念な結果となりましたが毎回期待を裏切らない走りを魅せてくれました。お疲れ様でした。また,日本人選手が男子400mリレーで銅,男子50km競歩で銀と銅メダルを取り東京五輪への弾みとなったのではないでしょうか。

                             (編集委員 角  純啓)
                             

                                              

このサイトの文章、画像などを許可なく保存、転載する事を禁止します。
(C)Kagoshima City Medical Association 2017